CT設備 CT設備

歯、あご、舌など全ての状態がわかるCTを導入しています。

歯、あご、舌など全ての状態がわかるCTを導入しています。

歯科用3DCTは、通常の医科用CTより放射線が10分の1以下で、お子さまもお母さまも安心です。

3DCTで、歯の様子だけでなく、舌骨(ゼッコツ)や舌の位置、口呼吸や嚥下の状態までわかります 。

口腔内データの一元管理システムも導入しており、当院だけだけでなく、グループ医院であるよしどめ歯科大明丘本院やよしどめデンタルクリニック マルヤガーデンズともデータを共有し、どこからでもあなたの歯の3D画像を見ていただくことができます。

3DCTとはどんな設備?

3DCTとはどんな設備?

ワハハよしどめキッズデンタルランドでは、カボというメーカーのCTを導入しております。

インプラント埋入手術時に使うというイメージがありますが、当院では、子供さんのためのむし歯診断から歯の根っこの病気の診断、歯並びの悪くなりそうな子供たちの歯の生え方を予測する手段として等、幅広い活用を行っています。

レントゲンの2次元画像ではわかりにくいところもあったと思いますが、この歯科用CTの3D画像で、ご自分のお口と歯と歯槽骨の状態をわかりやすく把握していただくことができるようになりました。

ページトップ