小児ゼロ矯正システムの特徴 小児ゼロ矯正システムの特徴

「ゼロ」を目指すための個別プログラムを作成するシステム

これから確実に主流になるのは、ワイヤー・ブラケットをゼロにして、結紮ストレスや歯のエナメル質へのストレスを、できるだけ軽減する矯正治療。
もちろん抜歯もなるべくゼロを目指します。口呼吸や舌癖、姿勢の歪みもゼロにするため、個別のプログラムを作成します。

舌が常に悪い位置にあると、歯を内側から押しやって、歯並びが変わっていってしまいます。
筋肉のバランスが崩れると、お顔立ちや顎の骨の位置にも影響を与えます。
歯と骨と筋肉。呼吸と飲み込み。お口と全身。
すべてはお互いに繋がって、バランスを保ったり影響を与え合っているのがヒトの身体です。

「ゼロ」を目指すための個別プログラムを作成するシステム


※歯にブラケットを強固に定着するスーパーボンド等は、剥がす際に生えたての永久歯や成長過程のお子さまだと歯のエナメル質にダメージを与える恐れがあります。

「動くのを待つ」矯正から「自分で動かす」矯正へ。

専用の器具とトレーニングを併用した矯正プログラム

「動くのを待つ」矯正から「自分で動かす」矯正へ。
ページトップ