お口のはなし お口のはなし

「口」の役割

「口」には、多くの役割があり、健康な生活をする上で欠かせないものばかりです。
特に、生命維持コミュニケーションに大きな役割を果たしています。

主な役割

食べる話す表情を作る息をする
  • 食べる
  • 話す
  • 表情を作る
  • 体のバランスを整える
     かみ合わせが崩れるとその影響は全身へおよび、様々な症状・トラブル起こす原因となります。
  • 息をする
     運動や深呼吸をする時などは、口も使って呼吸をします。
     ただし、日常的に口呼吸をすることは、お口の健康のためによくありません。

「口」のまわりの筋肉

「口」のまわりの筋肉

顔には30種類以上の筋肉があり相互に作用し、人間の複雑な表情を作り出し、食べる・話すなど「口」の役割を果たすうえで重要な役目を担っています。
そして、「舌」も大事な筋肉の一つです。

「口」のまわりの筋肉口呼吸

舌や口唇および顔面の筋肉が弱く、バランスが悪いと不正歯列・不正咬合(悪い歯並び・悪い咬み合わせ)や口呼吸など、「口」に悪影響をあたえます。

「口」まわりの筋肉の力

「口」まわりの筋肉の力

歯はわずかな力で動くため、舌や口唇の癖や悪い習癖があると、歯並びに悪影響をあたえます。

お子さまの様子をチェック

ぽかーん舌を出す唇をかむ・なめる爪かみ指しゃぶり頬杖オトガイ筋のシワ口呼吸うつぶせや横向きで寝る猫背

思い当たる癖や症状はありませんか?ひとつでも当てはまったら、要注意!

トレーニングやトレーナーで予防・改善しましょう

舌や口唇の癖や悪い習癖の影響

例えば・・・

手の力で顎や歯並びが変形上顎前突(出っ歯)、開咬(口を閉じても上下の歯の間に隙間が空いた状態)

正しい「舌」の位置

正しい「舌」の位置を知ってますか?

舌の正しい位置を「スポット」と呼びます。

横から見た位置上から見た位置

舌は筋肉の塊で、強い力を持っています。
そのため悪い舌の位置や間違った嚥下(飲み込み)の動きは歯並びに悪影響を与えます。

「舌」が正しい位置にあると

  • 歯並びが良くなる
     舌が正しい位置にあると、歯は舌の周りを囲むように生えるのできれいなアーチに並びます。歯並びが良くなる
  • あごが正しくキレイに成長する
    しっかり成長した顎きれいな歯並び
    成長しきれない顎並びが悪い生え方をする
  • 呼吸が正しく出来る
    鼻呼吸 ○口呼吸 ×

筋機能矯正

不正歯列・不正咬合(悪い歯並び・悪い咬み合わせ)の原因である口呼吸や舌の使い方、異常嚥下などの口周りの筋肉の間違った使い方をワハハオーラルセラピー(トレーニング)で正し、トレーナーを使い歯列を整えるという治療です。

メリット

  • 良好な発育を可能にする(お顔のバランスがよくなる)
  • 口腔習癖(舌癖、口呼吸、異常嚥下など)を治療することで、子どもが本来持っている正しい歯並びを促す
  • 呼吸の改善は、歯並びだけでなく健康面においても大きなメリットがある。
  • 口周りの筋肉を鍛えるので後戻りがない
  • 永久歯が生えそろうのを待たなくて良い (なるべく早い方が良いです)

「動くのを待つ」矯正から「自分で動かす」矯正へ。

「動くのを待つ」矯正から「自分で動かす」矯正へ。
よしどめ歯科グループオリジナル「小児ゼロ矯正システム」

これから確実に主流になるのは、ワイヤー・ブラケットをゼロにして、結紮ストレスや歯のエナメル質へのストレスを、できるだけ軽減する矯正治療。
もちろん抜歯もなるべくゼロを目指します。
口呼吸や舌癖、姿勢の歪みもゼロにするため、個別のプログラムを作成します。

ページトップ