呼吸改善顎骨移動矯正 呼吸改善顎骨移動矯正

最初の矯正が最後のチャンスかもしれません

幼少期は、脳の発達・骨の発達・筋肉の発達など、その後の人生を形成する基幹が成長して決定づけられる大切な時期です。それらは歯並びだけでなく運動能力・思考・情操と密接に関わっています。この大切な時期に問題となっているのが「口呼吸」です。

起きている時も寝ている時も、お口で息をする子どもが最近はとても多いのです。「口呼吸」は百害あって一利なし。歯並びを悪くする原因になるだけでなく、全身の健康に大きな影響を与えてしまいます。

その「口呼吸」の大きな原因が「上あごの成長不足」です。骨が小さくて鼻腔や気道が狭いためにお口で懸命に呼吸をするのです。鼻腔や気道が確保されていないと小さな頃から脳への酸素不足が起こってしまいます。歯並びの改善はもちろん、幼少期の呼吸改善は、お子さまのその後の成長を決める最後のチャンスかもしれないのです。当院では、お子さまの年齢や成長に合わせた矯正治療をご提案し、お子さまが大人になってもずっと健康でいられる成長をサポートします。


 
 

呼吸改善顎骨移動矯正

子ども用透明マウスピース

成長期のお子さまの不正咬合は、歯を支えている骨や顎の発育不良が大きな原因となっています。 上顎に気道拡大装置を装着し発育をコントロールし、正しく成長させることで歯が並ぶスペースを確保・鼻腔の拡大(鼻呼吸への誘導)を行います。 発育不良を改善しバランスを整えることで、体が本来持つ正常な機能の回復や発育へとつながります。


 
 

呼吸のためにいつもお口が開いたままだと…

鼻腔の拡大
 

病原菌やアレルゲンが体内に入りやすい

口呼吸では、直接空気を体内に取り込みます。
鼻呼吸は、鼻腔の粘膜に生えている繊毛が細菌やアレルギーの原因物質を吸着。空気を加湿・加温する作用もあります。

鼻腔の拡大
 
 

鼻の機能低下

口を使って呼吸をすることで、鼻の機能が低下し、鼻炎や蓄膿症といった鼻の病気になりやすくなってしまいます。また、体内の酸素と二酸化炭素のバランスを崩す原因にもなります。


 
 

歯並びやお顔立ちを変えてしまう

子ども用透明マウスピース

口を使って呼吸をすることで、鼻の機能が低下し、鼻炎や蓄膿症といった鼻の病気になりやすくなってしまいます。また、体内の酸素と二酸化炭素のバランスを崩す原因にもなります。


 
 
ページトップ